複数の借金で困っている人が、返済を楽にする方法として利用するものとして、おまとめローンというものがあります。
近年おめとめローンという言葉を良く耳にしますが、実際はどのような流れで、利用できるのでしょうか。
不安な人も多いと思いますので、簡単に解説します。

金融機関を選択する

おまとめローンは、多くの金融機関から提供されていますので、まず金融機関を選択する必要があります。
消費者金融より銀行の方が金利が低く設定されていますので、まずは銀行を検討されるべきです。

申込み~契約・融資まで

金融機関を選択したら、申込みを行います。
申込みはインターネット、窓口、TV窓口、電話、郵送など様々なタイプが用意されていますので、自分にとって利用しやすいものを選択してください。
申込みと身分証明書などの必要書類を提出すると、審査が開始されます。

審査時間は金融機関によって異なりますが、インターネットだと最短30分で完了する金融機関もあります。
審査を通過すれば契約締結です。

契約書はWebで完結するものと、郵送にて完結するものがありますので、金融機関の指示に従ってください。
無事に契約が完了すれば、指定した口座に希望金額が振り込まれます。

各社への返済

振り込まれたお金を用いて、各金融会社に返済を行います。

おまとめローンを契約した金融機関への返済

融資を受けた後は、おまとめローンを契約した金融会社に対して、返済を開始することになります。

おまとめローンの体験談に潜むメリットとデメリットとは?

おまとめローンを検討される方には、利用者の体験談により選ぶことが多いと考えます。
体験談は、実際に利用した方の経験であり、非常に重要な情報が含まれていることやおまとめローンの審査に通らなかったという体験談もあります。
体験談を活用する際、審査に通らないといった内容についてもしっかりと確認することが重要です。

そもそも、人間は自分の都合の良い捉え方をする場合があり、マイナス面よりもプラス面を重視します。

その結果、おまとめローンの契約申し込みで失敗してしまうことも少なからずあり、体験談自体が与えるデメリットと考えることが出来ます。
また、体験談の中にはおまとめローンの現実を記載しているものがあり、毎月の返済額が減るまたは総支払額が大幅に減るといった甘い考えを改めることが出来ます。

おまとめローンにより、『毎月の返済額が10,000円以下になると思っていたが、返済額は同じだった』ということが多くあります。
そもそも、おまとめローン自体は借金の元本自体を減らすものと考えている可能性があり、金利が低くなることで利息が減るといった認識がされていない場合があります。

おまとめローンは、借金の一本化という面では非常に有効なものではあるものの、元本自体位が減る魔法の様な金融サービスではないことを理解することが重要です。

あくまで、将来性を考え利息を抑えることがポイントとなります。

おまとめローンにあるデメリットに対する対策方法

おまとめローンというと毎月の返済が減る事からある種の救済処置として好まれているローンのひとつですが、一見便利でお得なシステムに感じますが、使い方によっては損をしてしまう事もあるローンです。

おまとめローンで考えられるデメリットで考えられるいくつかのうちで最も勘違いをしやすいケースがあります。
おまとめローンは借金を減額しているのではなく、総額では増えているケースがほとんどということです。

何となく毎月の返済額が少なくなっている事から借金の総額も減っているような勘違いをおかしがちですが、基本的には返済期間が延びるだけで、金額が減っているわけではないという事に注意をしなくてはなりません。

もちろん、この時に金利面で大きく差がでれば利用価値も高まりますが、多くの場合では同等かむしろ高くなってしまう事もありますので注意が必要です。
実際にはおまとめローンを利用する事がデメリットが多いとわかっていて、返済総額が多くなる事も理解していても、毎月の返済額が複数社になっているような場合には、おまとめローンを利用する事で負担を一時的に回避する事もできますので、返済の延滞をしてしまうよりも良いと言えます。

原則的に借入金を返済を早められる方法は、収入が増えて決まった日にち以外にも返済ができるようになる事や、借金そのものが減額した時だけなので、おまとめローンを申し込む前にもう一度自分の収入の状況や返済能力などを考慮して、ある程度のデメリットを覚悟の上で申し込む事が上手におまとめローンを利用するポイントになります。

カードローンは銀行などが扱う小口融資の一種です。従来の小口融資は借り入れや返済を営業所の窓口で行いますが、カードローンは専用のカードをコンビニなどの小売店に置かれているATMに入れることで、多くの手続きをその場で出来るのが大きな特徴です。窓口に出向く必要が無いので、営業所から離れた地域に住む人でも利用できる利便性の高さから、現在では小口融資の主流なシステムになっています。また、カードローンは限度額の範囲内であれば何度でも利用することが出来ます。
カードローンは短時間で借り入れや返済の手続きが出来ますが、審査が通ってカードが発行された際に提示される利用規約は必ず守るのが社会人としての責任です。カードローンを扱う業者は申し込んだ本人だけがカードローンを利用出来ることを最も重要な規約と定めています。カードを他人が使うと重大な規約違反と見做され、カードの利用停止や新たな融資の申し込みが出来なくなるペナルティが発生します。夫婦や親子であっても他人として扱われるので、カードローンの手続きは必ず本人が行うことが社会的な責任です。また、カードの紛失や盗難によって他人が勝手に手続きを行った場合も、連絡が遅れると損失の責任はカード発行を申し込んだ本人が負うことになるので、日頃からカードは厳重に管理することを心がけることです。
いろいろなカードローンがあるようですが、お金借りるならどこがいい?みんなが選んだカードローンランキングを参考にしてみてください。
たとえば、手続きが簡単にできるカードローンをお探しなら千葉銀行の「ちばぎんカードローン」があります。千葉銀行の普通預金のキャッシュカードをお持ちの場合は、申し込みから契約までWebでのお手続きが可能です。また、面倒な書類の提出も一切無く書類を揃える手間が省けます。来店不要で即日融資も可能なので、急な出費でお金が必要な時におすすめです。
Web以外にも電話やFAX、郵送など申し込み方法が多彩です。千葉銀行のカードローンの借り入れ枠は最大800万円で、銀行ならではの低金利も魅力的です。千葉銀行のカードローンはパートやアルバイト、派遣の方でも申し込みが可能となっています。借入ができるかどうか不安な方でも10秒クィック診断があり、借り入れを検討する際の目安にできるので安心して申し込めます。
返済は毎月1日に指定預金口座から自動振替による返済となっています。借り入れ残高に応じた返済額で、借り入れ残高が10万円以下の場合は返済額も2,000円となっていて良心的です。また、ATMやインターネットバンキングからの返済もできます。借り入れや返済は千葉銀行をはじめ提携金融機関や提携のコンビニATMからも可能なので、必要な時に借りられて便利です。

自己申告しなければ、基本的に税金滞納はばれない

銀行カードローンを借りたいと考えた場合、他社の借り入れやクレジットカード、各種ローンの件数や総額、返済状況が、審査をする上で判断基準となります。
そのため、金融機関は審査をする際に、必ず個人信用情報機関に照会をかけます。
では、金融機関への返済遅延や未納はないものの、住民税や固定資産税、自動車税などの未納があった場合、カードローンの審査に影響するのでしょうか。
個人信用情報機関には、個人の税金滞納情報が載ることはありません。
そのため、銀行や消費者金融、クレジットカード会社は、申込者の税金の納付状況を把握してはいないのです。
そのため、申込者が自己申告しない限り、税金の滞納がばれることはありませんし、それが理由で審査に落ちることもありません。
ただし、自分が申告しなくても、税金滞納がばれるケースもあります。
それは、所得証明書として、納税証明書を提出する場合です。
税金を滞納していれば、納税証明書にその記載が載ります。
通常のカードローンで納税証明書を提出することは少ないと思いますが、注意が必要です。

一部のローンではばれることもあるので、申込先を検討しよう

無担保のカードローンの場合は、所得証明書として、源泉徴収票や直近2カ月の給与明細書、確定申告書の写しなどを提出しますので、税金の滞納がばれることはありません。
ですが、住宅ローンや事業用のローンに申し込む場合には、納税証明書の提出が義務付けられますので、住民税の滞納は絶対にばれます。
その時点で、ローンの審査に通ることはありません。
ですが、固定資産税や自動車税の滞納に関しては、ほぼばれないと考えてよいでしょう。
とはいえ、税金を滞納している人が、その納付を目的にカードローンに申し込むことはあっても、それ以外の用途で借り入れをするのは、おすすめできません。
また、住民税を滞納している個人事業主が、事業用ローンに申し込めないからと、通常のカードローンに申し込み、それを事業資金として使ってしまうのは、契約事項に抵触します。
通常のカードローンは使途自由ではありますが、事業資金としては使ってはいけないことが契約条項に盛り込まれています。
もし、その事実がばれてしまった場合には、契約が解除され、一括請求されることになります。
そうしたリスクを考えても、まずきちんと税金を納めてから、カードローンを申し込むようにしましょう。

借金は一つあるだけでも苦しいのに、それが何社からもの借入だと本当に厳しいですよね。
複数の借金の返済ともなると毎月の負担がかなり多くなってしまい、安定した仕事をしていても返済し続けていくのは困難です。
多重債務に苦しんでいる人の中には、毎月コツコツと頑張って返済しているけどギリギリなので、急な出費などがある月はまた新たに借入して返済に充てるといった悪循環に陥ってる人もいるのではないでしょうか?
そんな多重債務の悩みを解決する、複数の借金をまとめる方法について調べてみました。

参考にしたのは、【おまとめローン審査の達人|ココで借り換えれば楽になる!】です。
借金を一つにまとめる方法といえば「おまとめローン」です。
例えば3社から借り入れがあったとしたら、その借り入れ総額の融資を新たな金融業者から受ける方法で、そうやって融資を受けた分で他の借金を全て返済しその新しい金融業者に返済していく方法です。
考え方としても至ってシンプルで、どう考えても良い方法という気がしますが、これ調べてみると本当にメリットが多いんです。
まず、今までバラけていた借金を合算すると高額になりますよね。
金利は少額よりも高額融資の方が低くなるので、一つにまとまるだけでなく、同じ借金なのに金利が低くなるんです。
今まで18%~20%かかっていた金利がおまとめローンで12%に下がったりと、大幅な金利ダウンに返済総額が少なくなるなんて嬉しいですね!

さらに、今までは複数の金融業者から借りていたので返済日がいくつかあって、「〇日はA社の返済で、×日はB社で…」となんだか気持ち的にも沈んでしまうような状況だったのが変わります。
だって、借入れが一社だけになるので、返済日も1日だけになるからです。
これは気持ち的にかなり楽になるのではないでしょうか?

あとはもう一つ、おまとめローンにする最大のメリットとも言われるのが毎月の返済金額の減額です。
今まで毎月A社に8000円、B社とC社に10000円ずつ、といった具合で合計28000円返済していて、これがかなり負担だったとします。
だけど、新たな借入れ先では毎月の返済金額を15000円に設定すると、毎月10000円以上も返済金額の負担が減るので。かなり生活が楽になりますね。

だけど、おまとめローンは借金自体が無くなる訳でも少なくなる訳でもありません。
まとめても返済が厳しいような金額の借金には債務整理という方法もありますが、こちらは個人信用情報に傷が付く、いわゆるブラックリストに載ってしまうことになります。
自力で返済可能な金額であれば、多重債務ではなく、おまとめローンにするのが一番ではないでしょうか?

任意整理を行う事で借金減らして負担を軽くする方は多いですが、任意整理をするには知識が必要になります。
まずは法律事務所に相談をしましょう。
専門の知識を持っている方に相談をする事で、アドバイスを貰ったり、対応して貰う事が出来ます。
任意整理をするなら欠かせない存在です。
しかし、法律事務所によって対応をする方が違う為、対応の仕方や信頼性、評判にも差があります。
任意整理の相談をする際に最も重要になってくるのは任意整理を本当に成功させる事が出来るかどうか、という点なので、評判が悪く、ちゃんとした実績も無いような方に相談をしても失敗をする可能性が高くなるだけで得をするような事は無いです。
まずは口コミ情報をチェックしておきましょう。
口コミ情報とは、実際にサービス、商品を利用した方が載せているレビューのような物です。
こういったサービスは相談をするまで対応について調べるのは難しいですが、口コミ情報を参考にする事で、誰でも簡単に対応が良く、多くの方から人気があるような法律事務所を見つける事が可能になります。
口コミ情報は最近だとインターネットで簡単に調べられるようになっており、お金もかからないので、調べた分だけ比較出来るようになります。

任意整理や個人再生と言った債務整理には様々なメリットがあります。
通常の支払い方法を続けて支払いが遅れた場合には、遅延損害金が発生します。
この遅延損害金が債権者を苦しめるお金であり、結果的に金利手数料と含めると元金よりも高いお金を支払うようになってきます。
債務整理の手続きを始めると、まず金利手数料を利息制限法の上限まで金利手数料を引き下げます。
次に通常支払いであれば発生する金利手数料や遅延損害金は全てカットされるので、支払い総額自体はかなり少なくなります。
債務整理にはメリットだけでなくデメリットもあります。
債務整理の記録は信用情報登録機関に記載されます。
そしてその情報は二年間掲載され続けます。
そのため削除されるまでの期間は全てのクレジット契約やカードローンの契約はできません。
家賃や携帯電話本体の支払いも債務整理する事ができます。
しかし家賃で行うと立ち退きの対象になる場合があります。
携帯電話で行うと強制解約の対象になるばかりでなく、新規の契約が難しくなる場合があります。
そのため携帯電話や家賃で任意整理や自己破産などの手続きを取る場合には事前に連帯保証人などとよく相談しておく必要があります。

任意整理をすると、金利は高い確率でゼロになります。
任意整理は債権者との交渉によって和解内容を決める手続きなので、法律による決まりはありません。
例えば、個人再生ならば、100万円~500万円の借金なら100万円に、500万円~1500万円の借金なら5分の1に、というようにいくらまで減額できるのかが法律によって決まっています。
自己破産なら、すべての借金がゼロになります。
任意整理の場合は、法律による決まりがないので、違法でなければどのような和解内容になってもかまいません。
例えば金利が18%のところを9%まで下げるというような和解でもかまいません。
任意整理をすると利息と遅延損害金がゼロになるといわれているのは、そういった和解になる可能性が高いということです。
任意整理をすると、金利が高い確率でゼロになるので、その後の返済プランは余裕をもったプランを決めることが重要です。
金利がゼロということは、1年で返済をしても、5年で返済をしても返済総額は変わりません。
しかし、5年で返済するというプランを立てるよりも、1年で返済をするというプランを立てるほうが毎月の負担は大きくなり、リスクも高いです。
その後の返済で延滞をしてしまうと、せっかく和解をした内容が台無しになることもあるので、余裕を持った返済プランを決めましょう。

債務整理をする理由はいくつもありますが、その一つが自動車ローンになります。
自動車ローンというのは、要するに車を買う時にお金を借りることです。
これによって、自動車を買えるようになるわけですが、しかし、支払いが出来なくなる時もあります。
そうした時に債務整理をするわけです。
では、自動車はどうなるのか、と言いますと抵当が入っていることになりますから、徴収されます。
そして、それを売った金額の残りが残債になります。
その残債に関しての話し合いもするわけです。
自動車ローンに限ったことではありませんが、基本的には無理をしないのが普通です。
どの程度が自動車ローンとして適正であるのか、と言うのがあります。
これは年収の半分程度とされています。
債務整理をすることになってしまう理由としては、無理をしすぎた、経済状況が変わったなどが多いです。
そんなに理由が多くあるわけではないですが、要するにお金がなくなったから、そうしたことをしないといけなくなるといえます。
まず、その自動車が自分の分限に見合っているのかをよく検討するべきです。
それこそが重要な買い方になります。
ローンを組むことが悪いわけでないです。
ポイントは分限を守る点です。

財政的に破産しつつある家庭で、離婚問題が同時に持ちあがることはよくあることです。
経済的な問題は、家庭を維持するのにおいて重要なポイントなので致し方ないことだといえます。
もし破たんするような財政状態で別れるなら、タイミングにも気を付けた方がいいでしょう。
破産直後の離婚は、場合によって財産を保全するための行為ととられる可能性もあります。
もし偽装ととられた場合、手続きどころではなくなります。
たとえば破産する側と共犯とみなされた場合は、最悪離婚後にすべての財産を没収されるということもありえます。
そのうえで刑事罰に問われることもあるので、離婚と破産を同時進行でおこなう時は注意が必要です。
こういった事情があるため、破産と離婚が一緒になってしまう時は専門家に介入してもらうのが基本となります。
この際弁護士が付いている状態なら、偽装ととられる心配は少なくてすみます。
必要な手続きも書類作成もすべて弁護士がおこなってくれるので、抜かりなく別れることができるはずです。
弁護士のように社会的に信用度の高い法律の専門家がいれば、裁判所の心象も良くなり話し合いもスムーズに進みます。
もしこのような立場になったら、法律の専門家に依頼して対処してもらうのがいいでしょう。

ローンの債務整理を行いたい場合は、いつからが目安からと言うと、複数の金融会社からお金を借りてしまい限度額ぎりぎりに達してる場合などに有効です。
限度額いっぱいまで、お金を借りた場合、それ以上お金を借りることができなくなります。
そして次の金融会社と渡り歩いてる内に、どんどん借金が増えていきます。
たいていの場合は3社目、4社目あたりで金融会社の方も、警戒してくるので簡単には借りれないと思ってください。
金利が会社ごとに違うので、一番安い会社への債務へと振り替えることを債務整理と言います。
いつから行うかというと、限度額に達した場合にしたほうが良いです。
またいつから債務整理で、時期を間違えてしまった場合は、一括でまとめることができないこともあるので見極めが重要となります。
カードローンの場合は、目的別に種類が変わったりもします。
例えば、今回みたいな債務整理をするみたいな具体的な目的がある場合には、目的カードローンに分類されます。
すると、利息が安くなり、限度額が多くなるといった利点があります。
ただし、審査がより厳しくなり、年収や年齢や職種や家族構成や資産状況など様々なことを調べられるので注意してください。

個人再生において、取り引きを結んでいる銀行口座がひとまず利用できなくなることがあります。
そのような処理を口座凍結と言っています。
口座が凍結されてしまうケースでは、弁護士に委託をしたときに、弁護士が債務整理を実行するという通知を銀行へ送付したときです。
個人再生の債務整理ということで、借り入れ金を徴収するために口座凍結し、債権もしくは債務の見極めを誤らないところからスタートします。
凍結されてしまう口座は、クレジットカードもしくはローンをつくった口座と同一の銀行口座も合わせて一切合財凍結されてしまいます。
任意整理であれば、整える消費者金融の業者や借り入れ先を選考することができますが、個人再生は自己破産と一緒で例外なしにどういった借金についても債務整理の対象になってくるのです。
口座凍結では、所定の期間お金をおろすことができません。
その間とは、個人再生のケースでは、借金返済が余すことなく終了したときや代位弁済が完結した局面です。
代位弁済は、保証している会社による借金返済になります。
個人再生におきましては、借金がなくなるわけにはいきません。
元金が減額した後についても何年かの返済が継続していきます。
要するに、銀行口座凍結がどの程度継続するのかは、対象者にもよりますし、数年は当該の銀行から金銭の引き出しは困難なことになります。