個人再生における銀行口座の取り扱いについて

個人再生において、取り引きを結んでいる銀行口座がひとまず利用できなくなることがあります。
そのような処理を口座凍結と言っています。
口座が凍結されてしまうケースでは、弁護士に委託をしたときに、弁護士が債務整理を実行するという通知を銀行へ送付したときです。
個人再生の債務整理ということで、借り入れ金を徴収するために口座凍結し、債権もしくは債務の見極めを誤らないところからスタートします。
凍結されてしまう口座は、クレジットカードもしくはローンをつくった口座と同一の銀行口座も合わせて一切合財凍結されてしまいます。
任意整理であれば、整える消費者金融の業者や借り入れ先を選考することができますが、個人再生は自己破産と一緒で例外なしにどういった借金についても債務整理の対象になってくるのです。
口座凍結では、所定の期間お金をおろすことができません。
その間とは、個人再生のケースでは、借金返済が余すことなく終了したときや代位弁済が完結した局面です。
代位弁済は、保証している会社による借金返済になります。
個人再生におきましては、借金がなくなるわけにはいきません。
元金が減額した後についても何年かの返済が継続していきます。
要するに、銀行口座凍結がどの程度継続するのかは、対象者にもよりますし、数年は当該の銀行から金銭の引き出しは困難なことになります。